So-net無料ブログ作成

竜飛海底駅 かえり [お散歩 / 旅いろいろ]

 青函トンネル念館の脇の展望台から岬のほうを眺めていたら、「津軽海峡冬景色」が聞こえてきました。
 あの、歌の流れる碑がちょっと先にあるもよう。
 陸上の見学時間は限られていましたが、行けるところまで行ってみることにしました。

 でも、碑を素通りしてその先へ。

 DSC06077.jpg
 ↑ ひょっとしたら? と思ったら、ありました「階段国道」!

 DSC06078.jpg
 ↑ 時間がないので、数段だけ歩く。

 「津軽海峡冬景色」はピンポンダッシュ。
 大音量の歌を背後に急いで集合場所に向かいました。

 DSC06092.jpg
 ↑ 再び、もぐら号でトンネルへ。
 壁にずらりと開通工事の写真。

 DSC06093.jpg
 ↑ せっかくの展示。このあとどうなるのかな。
 駅の見学ができなくなっても、記念館からの体験坑道は残るそうです。
 どのあたりまで行けるんでしょうね。

 DSC06091.jpg
 ↑ ピンクの電話。緊急連絡用?とか思ったら、「海の下から電話をしてみませんか」

 DSC06094.jpg
 ↑ 昔はお魚の展示もあったようです。

 DSC06097.jpg
 ↑ 預けておいた荷物を受け取り、あとは電車を待つだけ。
 

 DSC06101.jpg
 ↑ 函館行きの時刻表。
 新青森行きよりは本数が多い(って、1本と3本の違いですが。)

 DSC06096.jpg
 ↑ 公開が終わっても、保守のお仕事はずっと続く。
 作業用の自転車。広いトンネル内を移動するのは大変でしょうねぇ。

nice!(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0